電話

03-6434-1178

メール

info@mon.pet

営業時間

10:00 - 19:00 AllDay’s

体調の変化を見つけたら受診して

自分で不調を訴えることのできない犬の健康管理は、飼い主の大切な仕事です。
「いつもより食欲がない」「今日はあまり遊びたがらない」など、普段と違う点がないかどうか気をつけてあげましょう。
元気な犬は見た目もきれいで、イキイキとしているものです。
いつもコミュニケーションをとっていれば、ちょっとした変化でもわかるでしょう。
体調の変化に気づいたら、なるべく設備と技術の整った病院へ行くようにしましょう。
体の各部については、以降にあげる項目が健康チェックのポイントになります。

こんなときは早めに病院に連れていこう

食欲や排泄の状態、行動など様子を見て、次のようなときは受診が必要です。

●体をかいてばかりいるとき

普段から体をかくことはありますが、しつこくかき続けるときは毛が抜ける、赤みや湿疹があるなどの異常がないかチェックして。皮膚の状態に異常があれば病院へ。

●下痢をしたとき

ちょっとした下痢を1回くらいしても、元気で食欲があり、すぐ下痢が何度か続いたり、食欲や元気がないときは病院へ。

●排泄物に血が混じっているとき

おしっこやうんちに血が混じっているときは、病気が疑われるので早急に受診します。
また、おしっこが出ない、逆に量や回数が急に増えたという場合も早急に病院へ。頻繁に水を飲むようになっているときも、病気の場合があります。

●食べたものを吐いたとき

食べた直後に未消化のものを吐いた場合は、食べすぎやはずみで吐いただけの場合も。
様子を見て普段通りにしているなら大丈夫です。何度も吐いたり、食べて消化された液体を吐いたりしたら病気の疑いがあります。
異物を飲み込んだときも、何度も吐くことがあります。よだれがずっと出たり、吐きそうで吐けないときも、病院へ連れていきます。

●呼吸が苦しそうなとき

走った直後や暑いときの「はぁはぁ」とは違い、呼吸が苦しそうになっていたら緊急を要します。すぐに病院へ連れていきます。

こんな症状がないかチェック!

・鼻
●鼻水が多い
●鼻水の色が濃い・しきりと鼻をなめている

・目
●目やにや涙が多い
●充血している
●目をしょぼしょぼさせている
●黒目が白っぽい

・口
●口臭がする
●よだれが多い
●歯ぐきが腫れている

・耳
●耳あかが多い
●変なにおいがする
●頻繁に耳をかいたり頭を振ったりする

・被毛・皮膚
●普段よりもひどくかいている
●被毛にツヤがない
●脱毛している
●湿疹やかぶれがある

・足
●足をひきずるなど、歩き方がいつもと違っておかしい

・肛門・生殖器
●肛門のまわりがひどく汚れている
●頻繁に床におしりをこすりつける
●肛門や陰部、睾丸が腫れている。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。