電話

03-6434-1178

メール

info@mon.pet

営業時間

10:00 - 19:00 AllDay’s

初めの数日間は見守ってあげよう

子犬を迎えてから新しい生活に慣れるまでの数日間は、できるだけ家族の誰かが家にいられるようにしましょう。
当日は、新しい環境に慣れる時間が長いほうがいいので、午前中に迎えに行くのがおすすめです。
帰宅したら、ペットシーツを敷き詰めたサークル内に子犬を入れて様子を見ます。
おしっこやうんちをしたら、ほめてあげましょう。
その後は、部屋の中を探索させたり、サークルに戻して休ませたりします。
元気なようでも、慣れない環境は疲れるので、無理をさせないで。

引き取るときに持っていくもの

●クレートかキャリーバッグ

●ペットシーツ(数枚)

●水

●タオル、ビニール袋など電車や車を利用するとき、クレートかキャリーバッグを使います。水を飲むとき、おしっこをしたときの準備もしていきましょう。

確認しておくこと

●フードの種類、量、回数

●ワクチン接種の有無、接種した場合は日付、種類と回数

●おしっこやうんちの回数

●当日の最後の食事とおしっこ、うんちの時間

●便検査、駆虫(虫下し)の有無

おしっこやうんちの回数や間隔について聞いておくと、家でのお世話の参考になります。
ワクチン接種については、今後のスケジュールを立てるために確認しておきましょう。

子犬が来た日のスケジュール例

・10:30

家に到着

・10:40

部屋の中を探索

においをかぎながら室内を歩きだしたら、様子を見ましょう。10分ほどしたらサークルに戻します。

子犬は排泄の間隔が短く、生後2カ月であれば2~3時間ごとの排泄が目安。タイミングは起きたときや食事のあとや遊んでいるとき、遊んだあと。排泄できたら、ほめてあげましょう。

・10:50

1回目のごはん

生後2~3カ月の子犬であれば、食事は1日分を4回に分けて与えます。 食後、排泄を待ちます

・11:00

寝る

サークルで休ませます。子犬は1日のうちのほとんどを寝て過ごします。起きたら、排泄を待ちます。

・12:50

遊ぶ

排泄後、遊びたい様子だったらサークルから出して相手をしましょう。なでたり、抱っこをしたり、おもちゃで遊んであげます。長時間だと子犬が疲れてしまうので10分ぐらいできりあげて。

・13:00

2回目のごはん(4分の1量)

食後、排泄を待つ寝る

「遊ぶ」「寝る」の繰り返し。タイミングを見計らって排泄を待ちましょう。

・16:00

3回目のごはん(4分の1量)

食後、排泄を待つ

・19:00

4回目のごはん(4分の1量)

食後、排泄を待つ

・20:00

寝る

鳴いたときに声をかけると、「鳴くと来る」という学習をしてしまいます。もし、夜中に鳴きだしたときは、家族のいる部屋にクレートなどを置き、安心して眠れるようにしてあげましょう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。